レンタルドレスの選び方

レンタルドレスの選び方

レンタルドレスの選び方 結婚式やパーティー、ママ会や女子会など様々なイベントでドレスを着用する機会は多いものです。ドレスを用意するにあたって、レンタルドレスのサービスは大変便利であるため、利用を検討する方は多いでしょう。ただ利用する際に、いくつか注意する点があります。そのひとつがレンタルできる期間です。近くにある店舗を利用する場合はそんなに心配はいらないかもしれませんが、ネット上のレンタルショップを利用される場合は注意が必要です。

ショップにもよりますが、申し込みから到着まで、どうしてもある程度の期間がかかってしまいます。着用する日程が決まっているのであれば、できるだけ早めに申し込みすることをおすすめします。何故なら、レンタルサービスの場合、ドレス到着後に返品し変更しなければならないような事態が生じる可能性があるためです。自己都合によるドレスのサイズ変更だけでなく、何らかのお店側のトラブルによって違うドレスが届いてしまうこともあるかもしれません。もし早めに申し込みをしておけば、たとえ手違いがあったとしてもすぐに対応すればイベントまでには返品交換が間に合いますので、当日問題なくお気に入りのドレスを着て出席できます。誰も着ていない、最新のドレスで参加して友人たちを驚かせましょう。

多くのレンタルショップでは、様々なカラーのレンタルドレスを取り揃えています。もちろん各店舗によって品揃えは異なりますが、種類が豊富だと選択に迷うこともあるでしょう。選び方としては、自分の好みはもちろん、ドレスを着用するうえでのマナーという観点にも配慮する必要があります。そのマナーに見合ったカラーを選択することが大切です。自分の好みがマナーに合っていれば特に問題はありませんが、そうでなければ優先すべきはシーンに見合っているカラーか否かという点です。

ドレスのマナーが特に問題になるのは結婚式でしょう。結婚式に参列する際は、新婦とドレスのカラーが被ってしまうのはご法度とされていますので、白色は避けたほうが無難です。あくまでもゲストは、新婦を引き立てる存在ですので、新婦よりはやや控えめなものを選ぶようにしてください。ベージュのレンタルドレスは、上品で肌を明るく見せるため年代を問わず人気がありますが、種類によっては白に近く見えるものもありますので、もしベージュのレンタルドレスを選ぶ際は、やや濃い目のボレロなどを羽織るのもひとつの方法です。

最新記事